2行の表を1行にまとめる

エクセル便利技

2行の表を1行にまとめる

タイトルの通り、2行の表を1行にまとめる方法の紹介です。

どういう事かは、下図のとおり。

見た目をよくするために、1つのデータを2行に分割しているような表を、データ作業しやすくするために1行にまとめるという事ですね。

手法は色々ありますが、今回は新しいシートを作って、そこにコピーしていくという方法を紹介します。

なぜこの方法を選んだのかは、後の方に書いておきます。

手順

少し補足をいれつつ、パパっと手順を載せていきます。

欄外に目印を立てる

今回はa,bを入力し、オートフィルで最終行まで反映させましょう。

まずは入力。

 

続いてオートフィルで最終行まで反映。

 

成功すると下図のような状態になります。

1,2はダメと書きましたが、オートフィルを使わないならば1,2でも良いです。(オートフィルではなくコピペで反映させる場合など)

フィルターをかける

フィルターをかけます。

フィルターをかけるだけなのですが、2行目を先頭行と捉えられてしまう場合があります。

そういう時はたいてい、タイトル行に空欄セルがある事が原因なので、なんでもいいのでセルを埋めてからフィルターをかけてみましょう。

新しいシートを用意する

新しいシートを用意します。

真っ白な何もない状態でいいです。

マウス操作もいいですが、Shift+F11でも新しいシートが作れますので、ぜひお試しください。

コピーして貼り付け

あとはフィルター機能を使って、まずは2行になっている表の1行目にあたる部分のみをフィルター機能で表示させてコピーし、用意した新しいシートへ貼り付け。

今回の場合、フィルターでaの行のみを表示させます。

続けて、2行目にあたる部分のみを表示させてコピー、貼り付け。

今度はbの行のみをコピーする感じです。

文章より、下図を見た方がイメージしやすいと思います。

体裁を整えて完成

この手法の場合、列幅などといったレイアウトに関する情報はほぼ移ってきませんので、最後に体裁を整えて完成となります。

なぜ新しいシートにコピーしたの?

冒頭でも少し触れましたが、いくつか手法はあります。

関数を使う場合

=セル的な、簡単な関数を使っても1行にまとめることはできます。

ですが、関数のままにしておくとあとで壊れる可能性もありますし、コピーからの値貼り付けで関数を消すにしても、そこまでするくらいなら、新しいシートに表を作り直した方が手間的にも、考え方的にもシンプルで楽じゃないですか?

既存シートで完結させる場合

この作業、結局のところ2行目にあたる部分を1行目にあたる部分の右側に持ってくればよいだけなので、わざわざ新しいシートに貼り付けていかなくても、元のシート上だけでもなんとかできるものです。

ですがその場合、作業の最後に2行目にあたる部分を行削除するという作業が発生しますよね。

実はこいつが厄介ものなんです。

少量のデータなら気になりませんが、これが1000件を超えるようなデータになってくると、1行空けての行削除って、処理の負荷が大きいんですよね。

いわゆる動きが重いというやつです。

それに比べて、1行空けてのコピーは、そんなに負荷がかかりませんので、今回は新しいシートへコピーするという方法を選びました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました