2ページ目以降の2重線がうまく印刷されない

エクセル便利技

印刷時に2ページ目以降のタイトル行の下の2重線が印刷されない

といっても、どう言う事なのかよくわからないですよね。

なのでまず、どういう時に起きる現象の事なのか、そこから進めていきましょう。

どういう事なの?

とにかく、どういう時に起きる現象の事を言ってるのかを伝えるところからですよね。

整理するとこういう事です。

条件
・ページ設定の印刷タイトル行を使っている
・タイトル行の下に2重線(2重罫線)を使っている
・2ページ以上を印刷する何が起きるのか
・1ページ目は問題ない
・2ぺージ目以降のタイトル行の下が2重線にならない

現場を画像で見てみましょう。

この状態で印刷しようとすると

このように、2重線ではなく、太い1本の線になってしまいます。

罫線の引き方によって差はでるものの、このパターンがほとんどかと。

なぜこうなるの?

細かくいこうとすると少し複雑なので、簡単に。

まず、印刷しようとしている表はコレ。

そして2ページ目がどういう動きで印刷されてるのかというと・・・

おわかりいただけただろうか。

ちょっと拡大してみましょう。

おまえ、いや、え、おま、

お前えええええええ!

というのが、私がこの事を初めて理解した時の気持ちでした。

そう、2重線の隙間を、表の上側の罫線が塗りつぶして、太い線になってしまっているんです。

じゃあ、どうすれば・・・

まず一番のオススメはコチラ。

タイトル行を指定するとき
タイトル行の下側に
2重線を使わない!
ページの境目ごとに罫線手直しするなどの方法もあるにはあるのですが、やめたほうがいい。
ちょっと行の追加削除したり、改ページの場所がズレるだけで、すぐダメになります。

そこをなんとか

とはいえ、どうしても2重線使いたい時、ありますよね。

そこで出番になるのがそう、ちからわざ!

こんなやり方まったくスマートじゃないし、編集するときに支障もでるだろうし、やるべきではないと、わかってる、わかってるけど・・・ッッ!

という方法なので、できるだけやめましょう。

やる事は簡単で、タイトル行と表本体の間に1行追加して、疑似的に2重線を作ります。

スタート

この状態からスタートします。

行を挿入

2重線をやめて1本線の罫線に変更。

そしてタイトル行と表本体の間に、1行空欄行を挿入します。

空欄行の縦線を消す

最終的に綺麗な二重線に仕上げるために、先ほど挿入した空欄行から縦の区切り線を消します。

外側の罫線は残したままで大丈夫です、あくまでも表の内側の線だけ消しましょう。

タイトル行を再設定

タイトル行を設定しなおします。

先ほど挿入した空欄行である、2行目までを含めてタイトル行にしてください。

挿入した空欄行の高さを調整

挿入した空欄行をまるごと選択し、右クリックのメニューから行の高さを選択します。

高さは2にします。

あくまでも目安ですので、環境や好みに合わせて調整してください。

完成

どう見ても綺麗なただの二重線が完成しました。

そう、見た目だけはね。(重要)

まとめ

タイトル行に2重線は使わないほうがいい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました