スポンサーリンク

刺さる人には刺さるF4キーを流行らせたい

エクセル便利技

皆さん、ショートカットキーは活用されてますか?

今回は数あるショートカットキーの内、F4キーについてお話していきます。

F4キーを押すとどうなるの?

エクセルでのF4キーは2つの機能があり、押す場面によって効果が変わります。

1つは絶対参照と相対参照の切り替え、2つめは直前操作の繰り返しです。

知名度としては、絶対参照と相対参照の切り替えについては、すでにご存知の方も多いんじゃないでしょうか。偏見ですが。

どちらも非常に便利な機能なので、ぜひご覧ください。

絶対参照と相対参照の切り替え

数式の入力時、A1(セル参照)やA:B(列参照)、1:2(行参照)といった指定をする時、F4キーを押すだけで絶対参照と相対参照を切り替える事ができます。

そもそも絶対参照と相対参照ってなんなの?という方は、下記の解説記事もお読みください。

実際にF4キーで切り替えてみる

百聞は一見に如かずということで、実際に押してみましょう。

今回は、=VLOOKUP(A1,C:D,2,FALSE)という式の、A1の部分を絶対参照にしてみます。

まずは式を用意します。(A2セルに用意しました)

次に、今回は式中のA1の部分を$A$1に切り替えたいので、式中のA1の部分に編集カーソルをもってきます。

あとはF4キーを押すだけで、A1(相対参照)から$A$1(絶対参照)に切り替わります。

ちなみに、セル参照の場合はF4キーを押すたびに、A1→$A$1→A$1→$A1→A1の順に切り替わっていきますので、行の部分、列の部分だけを絶対参照にしたい場合は、何度かF4キーをポチポチ押してください。

列参照の場合はC:D→$C:$D→C:D、行参照の場合は1:2→$1:$2→1:2の順に切り替わります。

直前操作の繰り返し

F4キー2つ目の機能は、直前操作の繰り返しです。

これも実際にやってみた方がわかりやすいでしょうから、早速実践してみましょう。

実際にF4キーで繰り返してみる

今回は、セルに色を塗って、その後にF4キーで繰り返し同じ動作(色を塗る)をさせてみましょう。

まずどこでもいいので、セルを塗りつぶします。

これで今、直前の操作は赤に塗りつぶすが記憶された状態になりました。

あとは、別のセルを選択したあと、F4キーを押してみましょう。

このように、直前の操作(赤に塗りつぶす)が繰り返され、C3セルも赤くなりました。

例えば、データを眺めて気になる部分を黄色で塗っておくーみたいな、アナログな作業の時に大変重宝します。

直前の操作とは、全ての操作が対象ではない

便利な機能ですが注意すべき点があります。

繰り返される操作は、全ての操作が対象ではありません。

と言われても、どういう事がいまいちイメージしにくいですよね。

ここで先ほどの実践例を思い出してみましょう。

1.まずA1セルを選択します。

2.そしてセルを赤に塗ります。

3.A3セルを選択します。

4.F4キーを押して直前操作を繰り返します。

・・・

直前操作って、A3セルの選択ですよね。

しかし、セルの選択は直前操作の対象じゃないので、2番目のセルを赤く塗るが繰り返されました。

正直なところ、私もどれが対象でどれが対象外なのか把握しきれていません。

ですが感覚的に、書式設定とセル・シート操作は対象、アクティブセルの移動やデータ入力は対象外のように思えます。

具体例を挙げると・・・

【対象】
・セルや文字の色設定
・文字のフォント設定(サイズや太字も)
・書式設定(数値のカンマ区切りや日付、文字列など)
・セルの挿入、削除(使い方次第で行列の挿入削除として使える)
・シート挿入、削除
・セルの結合
・図形のコピー→貼り付け(貼り付けの部分のみ)
・図形の挿入
【対象外】
・データ入力(A1セルに”あ”と入力してからA2セルでF4押しても何もおきない)
・アクティブセル、シートの変更
・図形の移動
・図形の削除
【あまり推奨できない対象】
・セルのコピー→貼り付け(初回だけ機能している?)
・元に戻す、やり直し(ワケがわからなくなる)
・並べ替え(なんか動いてる気配はあるけど、よくわからない)

思い当たる操作はこんなところでしょうか。

エクセルでできる操作の種類なんて、膨大すぎて全部網羅できませんって。

なので、自分に合った使い方を探してみてね!っていう丸投げ野郎にどうしてもなってしまいます。

ですが、ツボにはまれば手放せなくなる機能なので、試行錯誤してみる価値は十分にあります。

実際に僕自身、セルの色塗りでしょっちゅう使ってますので。

あと、あまり推奨できない操作についてなんですが、ほんと文字通りでして、なんか動くんですけど、何がどう動いてるのか判断に困る動きをしてくるので、できれば避けたほうがいい操作です。(セイウチ太郎基準)

個人的には元に戻すが対象になっているのが厄介に感じまして、そのせいで下記のようなミスをちょいちょいします。

色塗りを記録→F4で他セルを塗る作業を進める→間違えたセルを塗ったので元に戻す→セル塗り作業再開でF4を押す→塗れない!(元に戻す操作が記録されてしまったため)

一度元に戻すを使った場合は、セルを塗りつぶす操作を記憶させなおしてから再開しましょう。わかったな!(自戒)

まとめ

絶対参照と相対参照の切り替えも、直前操作の繰り返しも、人によっては手放せなくなる機能です。

反面、要らない人にはほんと縁の無い機能ですね。

万人受けはしないショートカットキーではありますが、私は大好きなので推し続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました