シート操作はショートカットキーで作業効率化しよう

エクセル便利技

シート操作をショートカットキーで効率化

シートの選択や、新しいシートの挿入をするとき、どのような操作をしていますか?

もちろんキーボードでやってます!という方が少数派で、多くの方はマウスで操作されてるかと思います。

今回は、そのシート操作のショートカットキーを覚えて、作業速度を向上してみませんか?

新しいシートの挿入

新しいシートを挿入するとき、マウス操作の場合は下図のように、シート挿入したいところのシートを選択し、右クリックのメニューから、挿入を選ぶという手順になりますよね。

こんな手間は一切不要です。

Shiftキーを押しながら、F11を押してください。

Shift+F11です。

これだけで新しいシートが作られます。

Ctrl+F11でも新しいシートは作られますが、シート名がMacroになっていたり、列幅が少し長かったりするので、Shift+F11が無難です。

シートの選択

別のシートを選択するとき、マウス操作の場合はどうするでしょう。

そう、あの下の方の細い部分にわざわざマウスカーソル合わせてクリックしますよね。

しかしショートカットキーを覚えれば、そんな細かい操作は不要です。

Ctrlを押しながらPageDownを押すと1つ右のシートへ、Ctrlを押しながらPageUpを押すと1つ左のシートへ移動できます。

Ctrl+PageDown、Ctrl+PageUpです。

ただし1シートずつの移動なので、現在地から遠くのシートを選ぶ場合はマウスの方が早いです。(10シート右にあるシートに移動したいなど)

とにかくこの3つ

ここまでに書いた3つのショートカットキー

  • Shift+F11
  • Ctrl+PageDown
  • Ctrl+PageUp

これがシート操作のショートカットキーの主役といえます。

意識して使い慣れてくると、もうマウスに戻れないほどの中毒性がありますので、ぜひ使ってみてください。

ちなみに、挿入のショートカットキーはあるものの、その逆にあたる、シートの削除はショートカットキーがありません。

あるにはあるのですが、例えばエクセル2016の場合、Alt→H→D→Sの順押しとなっており、非常に面倒なので、マウスの方が楽だと思います。

今後エクセルのバージョンアップなどで、リボンメニューの構成を変えられてしまったら覚えなおしですし。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました