スポンサーリンク
エクセル便利技

図形を真横や垂直方向に、まっすぐコピーする

普通に図形をコピーし、真横または垂直方向に、綺麗に位置を整えて配置しようとすると、微調整が細かくてイライラしたり、やっぱりちょっと位置がズレてしまうことってありますよね。 今回は、キーボードとマウス操作で、図形を縦または横に、...
エクセル便利技

絶対参照と相対参照を有効活用してみよう

絶対参照と相対参照を有効活用してみよう 参照先がズレないようにすることができるのが絶対参照。 式をコピペした時などに参照先も一緒に変わるのが相対参照。 というのは頭でわかっていても、どういう時に活かせるのがピンと来ない方のため...
エクセル便利技

絶対参照と相対参照($マークがある場合、ない場合の事)

絶対参照と相対参照を、できるだけわかりやすく解説 数式内でセルを参照するやり方には、絶対参照と相対参照があります。 今回は、これらの違いがいま一つよくわからないという方のために、例を混ぜずつ解説していきます。 絶対参照、相対参照と...
スポンサーリンク
関数の応用

ローマ数字のまま計算する

ローマ数字(IVやX)のまま計算する方法 エクセルでは、ローマ数字(4はIV、10はXなど)のまま足し算や引き算といった、計算をすることができません。 しかし、ARABIC関数を使う事によって計算ができるようになります。 ...
エクセル便利技

エクセルにいれた画像の一部分だけを切り抜きたい

画像の余計な部分を隠したい エクセルを使って、操作手順やマニュアルなどを作成している時、ハードコピーして貼り付けた画像から、余計な部分を消したくなる事って多いですよね。 例えばエクセルの説明資料を作る時など、メニュー部分や、画面下部...
エクセル便利技

エクセルに好きな画像をいれる方法

エクセルの表内に画像ファイルを挿入する エクセルでは、元々用意されている〇や□、矢印などの図形以外に、自分で用意した画像を挿入する事ができます。 画像の挿入(基本編) まずは、メニューにある機能を使って画像ファイルを挿入する方...
関数の基礎

VLOOKUP関数 – 表から値を探し出し、その右側にある内容を表示させる

表から値を探し出し、その右側にある内容を表示 エクセルには、表から検索したい文字・値を探し出し、その右側にある内容を表示させることができる、VLOOKUP関数というものがあります。 どういう事かは文で説明するより、図を見ていただいた...
関数の基礎

ROMAN関数 – 数値をローマ数字に変換(4→IV、10→Xなど)

数値をローマ数字に変換 エクセルでは、ROMAN関数を使う事で、アラビア数字(一般的に使われる数値)をローマ数字に変換する事ができます。 【ローマ数字とは】 よくゲームのナンバリングタイトルや、書類の目次などに使われる、ちょっとかっこ...
関数の基礎

AVERAGEIFS – 複数条件に合う行のみの平均値をとる

複数条件に一致した行のみで平均値を計算 エクセルでは平均値を計算する関数がいくつか用意されています。 まずは単純に範囲指定したデータから平均値を計算するAVERAGE関数。 次に、指定した条件に一致したデータのみで平均値を計算...
関数の基礎

AVERAGEIF – 条件に合う行のみの平均値をとる

条件に一致した行のみで平均値を計算 エクセルでは平均値を計算する関数として、AVERAGE関数というものあり、これは表全体の平均値を計算するものになります。 それに対しAVERAGEIF関数は、条件に一致した行のみの平均値を計算する...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました