スポンサーリンク
エクセル便利技

エクセルに好きな画像をいれる方法

エクセルの表内に画像ファイルを挿入する エクセルでは、元々用意されている〇や□、矢印などの図形以外に、自分で用意した画像を挿入する事ができます。 画像の挿入(基本編) まずは、メニューにある機能を使って画像ファイルを挿入する方...
関数の基礎

VLOOKUP関数 – 表から値を探し出し、その右側にある内容を表示させる

表から値を探し出し、その右側にある内容を表示 エクセルには、表から検索したい文字・値を探し出し、その右側にある内容を表示させることができる、VLOOKUP関数というものがあります。 どういう事かは文で説明するより、図を見ていただいた...
関数の基礎

ROMAN関数 – 数値をローマ数字に変換(4→IV、10→Xなど)

数値をローマ数字に変換 エクセルでは、ROMAN関数を使う事で、アラビア数字(一般的に使われる数値)をローマ数字に変換する事ができます。 【ローマ数字とは】 よくゲームのナンバリングタイトルや、書類の目次などに使われる、ちょっとかっこ...
スポンサーリンク
関数の基礎

AVERAGEIFS – 複数条件に合う行のみの平均値をとる

複数条件に一致した行のみで平均値を計算 エクセルでは平均値を計算する関数がいくつか用意されています。 まずは単純に範囲指定したデータから平均値を計算するAVERAGE関数。 次に、指定した条件に一致したデータのみで平均値を計算...
関数の基礎

AVERAGEIF – 条件に合う行のみの平均値をとる

条件に一致した行のみで平均値を計算 エクセルでは平均値を計算する関数として、AVERAGE関数というものあり、これは表全体の平均値を計算するものになります。 それに対しAVERAGEIF関数は、条件に一致した行のみの平均値を計算する...
関数の基礎

AVERAGE関数 – エクセルで平均値を計算する

エクセルの関数を使って平均値を計算 エクセルではAVERAGE関数を使う事で、複数の数値の平均値を計算する事ができます。 AVERAGE関数とは 引数の平均値を返します。引数には、数値、数値を含む名前、配列、セル参照を指定でき...
エクセル便利技

エクセルで印刷の時だけエラーを非表示にしたい

印刷の時にエラーを表示させたくない エクセルいじってると、なにかとエラー出てきますよね。 中には、画面上ではエラー表示されててもいいから、印刷時にだけ隠したいという場面もあります。 そしてそれを実現できる機能がちゃんと用意され...
関数の基礎

OR関数 – 指定した条件の内どれか1つでも一致するか調べる

指定した条件の内1つでも一致するか調べる エクセルではOR関数を使うことで、指定した条件の内、どれか1つでも満たしているかを調べる事ができます。 OR関数とは いずれかの引数がTRUEのとき、TRUEを返します。引数がすべてF...
関数の基礎

AND関数 – 複数の条件すべてに一致するか調べる

複数の条件すべてに一致するか調べる エクセルではAND関数を使うことで、複数条件のすべてを満たしているかを調べる事ができます。 AND関数とは すべての引数がTRUEのとき、TRUEを返します。 要するに、指定した条件を...
関数の基礎

IF関数 – 条件に合う時、合わない時の結果を指定する

条件に合う時、合わない時で表示内容を変える エクセルではIF関数を使うことで、条件に一致した場合、不一致だった場合で、表示させる内容を切り替える事ができます。 IF関数とは 論理式の結果(真または偽)に応じて、指定された値を返...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました