内容は少ないのにファイルサイズがなぜか大きい

よくあるトラブル対処

内容は少ないのにファイルサイズがなぜか大きい

データの内容は少ないわりに、ファイルサイズがやたらと大きい時ありますよね。

たとえば、10行5列くらいのエクセルファイルのくせに、ファイルサイズが1メガ以上だったり。

今回はそれを見抜く方法と、対処までを紹介していきます。

どういう事象なのか

どういう事なのか、順を追ってみてみましょう。

たとえば、これくらいのちょっとしたエクセルファイルの場合、ファイルサイズは何キロバイトになるでしょうか。

 

答えは、たったの13キロバイトです。

16行で3列に、ちょっとした書式情報もってる程度ですから、こんなもんですよね。

ですが、データは同じ内容なのに、ファイルサイズが非常に大きくなってしまう事があります。

そう、このように。

表はそのままなのに、ファイルサイズが1.6メガバイトに急増!

何があったのかとファイルを開いて確認してみても、表はそのままだし、余計なデータも見当たらない。

どうして・・・

理由は様々、答えは1つ

私がよく見かけるのは、深い場所に書式データだけ記憶してしまってる場合。

理由は本当にさまざまで、書式データである事もあれば、なぞの図形データが作られてしまっていたり。

要するに、作業中になんかしらの拍子にできてしまったゴミデータが原因ということです。

どうやって見つけるの?

3つあります。

すぐできるのは、スクロールバーのチェック。

データが少ないのにスクロールバーのつまみが小さくなっていたら要注意です。

 

次に、Ctrl+End(Ctrlを押しながらEndを押す)で、最終行列までジャンプしてみるという方法。

 

最後に、目に見えないオブジェクトが大量生産されていないかをチェックする方法です。

図形がある表に対して、コピー貼り付け行削除などを繰り返すと、目に見えないオブジェクトデータが大量生産されてしまう事があります。

この場合、スクロールバーを見ても、Ctrl+Endを押しても見つける事ができません。

なので、先の2チェックで異常が見つからなかった場合、最後にオブジェクトデータを疑ってみましょう。

メニューのホームタブを選ぶと、右の方に検索と選択というのがありますので、そこからオブジェクトの選択と表示を選んでください。

もし大量のゴミオブジェクトがあれば、こうなります。

それぞれの対処

ゴミデータの種類によって対処が変わります。

スクロールバーと、Ctrl+Endでのチェックでゴミ発見の場合

スクロールバーと、Ctrl+Endでのチェックで異常が見つかった場合は、余計な行と列を削除して上書き保存すれば解決します。

同じようなやり方で、列の方もゴミデータを消して、綺麗なってから保存してください。

オブジェクトの選択と表示からゴミ図形を発見した場合

ゴミオブジェクトは、オブジェクトの一覧表から余計なオブジェクトをDeleteキーで削除して上書き保存すれば解決します。

まとめ

大抵の場合は行列の削除で解決します。

次点でオブジェクトの削除ですかね、体感。

ほとんどの場合はこれで解決できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました