スポンサーリンク

エクセルで十字キー(矢印キー)でセル移動ができなくなった場合

よくあるトラブル対処

十字キーを押しても選択セルが移動しなくなった

エクセルで矢印キーを押すと、例えば↓キーを押した場合、1セル下に移動しますよね。

それが、画面だけがスクロールしてしまい、しかも選択セルは移動しなくなる場合があります。

結論から言ってしまうと、原因はスクロールロックですので、キーボードにあるScrollLock(ScrLKと書かれてる物もある)をポチっと押しましょう。

それだけだとつまらないので、少し掘り下げていきます。

スクロールロックを確認

スクロールロックがオンになっているのか、確認する方法はいくつかあります。

1つは、キーボード上にあるScrollLockのランプが点灯しているかどうか。

基本は消灯状態で、点灯しているとスクロールロックがオンになっているという事になります。

次に、エクセル上で確認する方法。

シート名の下にある細い部分をステータスバーというのですが、そこを右クリックします。

すると、ステータスバーに何を表示するかを設定するメニューが開かれると同時に、スクロールロックなどがオンになっているかも確認できます。

また、ステータスバーにスクロールロックの状態を表示させるように設定されていれば、スクロールロックがオンならば、ステータスバー上にScrollLockと表示されています。

スクロールロックをオフにする方法

基本はキーボード操作です。

ScrollLockや、ScrLKと書かれたキーを一度押すだけでオンオフが切り替わります。

ですが、ノートパソコンや小型化キーボードですと、見つけにくいところにある場合もあります。

キーの表面でなく、側面に青字で書かれているなど。

その場合は、ファンクションキー(Fn)を押しながら、ScrollLock(青)を押すことで切りかわります。

それでも、どこにScrollLockがあるのかわからない!という時は、画面上で動かせる仮想キーボードを使いましょう。

Windowsにはスクリーンキーボードというソフトがあり、画面上にキーボードを表示させ、マウスでキーをクリックする事で操作できる機能があります。

これならば、右下の方に大きめにScrLKのキーが配置されてますので、迷わず押せます。

また、スクリーンキーボードは、パソコンにある程度慣れている人ならば、そのままスクリーンキーボードというソフトを検索して実行しちゃってください。

わからない場合は、(いじってなければ)画面左下にあるウィンドウズマークから設定を開きます。

Windowsの設定から、簡単操作を開きます。

左のメニューからキーボードを選び、スクリーンキーボードをオンにすると開けます。

まとめ

正直、よほど凝った使い方をしない限り、ほとんどの場合は邪魔者扱いされるスクロールロック。

意図的にオンにする人はほとんどいないでしょう。

なので、スクロールロックがオンになるのは大抵、キーボードの押し間違いが原因です。

エクセルを開いてない時に間違えて押してしまった後にエクセルを開いても、スクロールロックはオンになってしまいますので、何もしてないのに動きがおかしくなった。という人も少なくありません。

壊れたわけではないので、慌てず、ScrollLockをポチっと押してあげましょう。

それにしても、選択セルを固定したまま画面だけスクロールしたい事って、そうそう無いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました