スポンサーリンク

AVERAGEIFS – 複数条件に合う行のみの平均値をとる

関数の基礎

複数条件に一致した行のみで平均値を計算

エクセルでは平均値を計算する関数がいくつか用意されています。

まずは単純に範囲指定したデータから平均値を計算するAVERAGE関数。

次に、指定した条件に一致したデータのみで平均値を計算するAVERAGEIF関数。

そして今回紹介するのは、AVERAGEIF関数の進化版、複数条件に一致したデータのみで平均値を計算するAVERAGEIFS関数です。

AVERAGEIFS関数とは

特定の条件に一致する数値の平均(算術平均)を計算します。

説明文こそAVERAGEIFと同じですが、冒頭でお話したとおり、AVERAGEIFS関数は複数の条件に対応しています。

AVERAGEIFS関数の使い方

式:=AVERAGEIFS(平均対象範囲,条件範囲1,条件1,条件範囲2,条件2,・・・)

先に平均したい数値が入ってる場所を指定してから、好きなだけ条件を追加していく感じです。

エラー

範囲内に条件が一致するものが無い場合、#DIV/0!となります。

エラーを表示させたくない時は、IFERROR関数や、ページ設定で回避する事ができますのでお試しください。

一時的に見たいだけならSUBTOTALもオススメ

ちょっと平均値を確認したいだけ・・・くらいの時は、AVERAGE系の関数から少し離れて、SUBTOTAL関数で集計方法1(または101)を使うのもオススメです。

フィルターで条件を絞って、表示されてる部分のみで平均値を計算する事ができるので、AVERAGEIFSよりも直感的に、複雑な条件指定をすることができます。

ただしもちろん、フィルターを解除したらただのAVERAGEと同じ結果に戻ってしまうので、あくまでも一時的に確認したい場合のみに限ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました