エクセルのフィルターで表示させてる部分だけを集計

エクセル便利技

フィルターで表示させてる部分のみ集計

エクセルのフィルター機能を使って、表示させてる部分のみの合計(隠した部分を無視させて計算)を出す方法です。

SUBTOTAL関数を使用

合計!といえばSUM関数シリーズを思い浮かべそうですが、SUBTOTALという関数を使用します。

【式】
=SUBTOTAL(集計方法,範囲)
集計方法は1~11、101~111が指定でき、番号に対応した集計をしてくれる。
9(SUM)や3(COUNTA)が代表的。
今回は表示されてる部分のみの合計を出したいので、集計方法に9(SUM)を使います。

ご覧のとおり、この段階ではまだフィルターをかけてませんので、単純な合計値が表示されています。

ここにフィルターをかけて、千葉支部、セイウチ太郎のみを表示させてみましょう。

すると式はそのままに、数値だけが変わります。

集計方法を変えてみる

せっかくですので、他の集計方法も試してみましょう。

たとえば3にしてみると、COUNTAと同じように、値が入っているセルの数をかぞえてくれます。

9と109の違いって何?

9ではなく109にすることで、フィルターによる非表示のほかに、フィルターではない行や列の非表示にも対応できます。

まとめ

手軽にSUMIFやSUMIFSと同等の集計ができるため、非常に便利な関数です。

その反面、フィルター解除してしまったり、フィルター条件を変更されてしまうと結果が変わってしまいますので、外に出す資料には不向きともいえます。

また、フィルターかけてから合計したい範囲をドラッグで選択すれば、右下に合計値や合計数が表示されますので、1回だけ集計したい場合などは、わざわざSUBTOTALで式を組むより楽な場合もあります。

では、どういう時にSUBTOTALでの集計が便利なのかというと、集計条件(フィルターの条件)を変えて試算してみたい場合や、出てきた値をコピーして別所に値貼り付けしたい場合などに重宝します。

おまけの豆知識

このSUBTOTAL、結果をコピーして別の場所に値貼り付けするとき、フィルターの条件を変えて結果も変わった場合、コピーしなおさなくても大丈夫です。

・・・ややこしいですよね、図のほうが少しわかりやすいですかね。

図でもややこしいですね、ですがこのクセを知っておくと、集計して結果を値貼り付け、条件変えて集計して結果を値貼り付け、また条件を変えて・・・といった繰り返し作業をする時、作業効率はグンと上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました