セルをかぞえるCOUNT関数

関数の基礎

セルをかぞえるCOUNT関数

数値があるセルがいくつかるのかを数えるCOUNT関数と、あわせてCOUNTA、COUNTBLANKの基礎について。

数値があるセルをかぞえるCOUNT関数

数値があるセルがいくつかるのかをかぞえるのがCOUNT関数。

空欄はもちろん、文字などの数値以外が入っているセルも無視して、とにかく数値があるセルをかぞえます。

【使い方】
=COUNT(範囲)

空欄じゃないセルをかぞえるCOUNTA関数

空欄じゃないセルがいくつかるのかをかぞえるのがCOUNTA関数。

数値だろうと文字だろうと、とにかく何かしらはいっていれば数えます。

体感、本家COUNTよりこっちのほうがよく使います。

【使い方】
=COUNTA(範囲)

一見空欄でも、スペースが入力されていればそれも数えますので、思った数より大きい結果が返ってきたら疑ってみましょう。

空欄セルをかぞえるCOUNTBLANK関数

これまでの反対で、何もはいってないセルをかぞえるのがCOUNTBLANK関数。

COUNTやCOUNTAとちがって、範囲指定は細かく設定しましょう。

A列まるごと選択すると、最終行までの間に空欄セルがいくつあるかを数えてしまうので、すごい数値が出てきます。

ただ、あまり使う機会はない。

まとめ

COUNTAさえ覚えておけばあとはオマケ。(個人差あり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました